生きる糧!生活に必要な収入の稼ぎ方

生きる糧!生活に必要な収入の稼ぎ方

生活するためにはある程度の収入が必要

わたしたちは生活するためにはある程度の収入が必要です。
お金がないと食べものも着るものも住まいさえも買うことができません。そういう状態はとても危険です。
ですからわたしたちは仕事をします。
わたしは大学を卒業してから初めて正社員として仕事をしました。
それまではアルバイトをしたことがありましたが、アルバイトと正社員では仕事に対する責任が全く違いますし、お給料もかなり差があります。
だから正社員として雇っていただけて本当によかったと思っています。
独身時代は一人暮らしをしていましたので、自分で身を建てるために仕事をしていたように思います。
人によっては、しっかり将来を見据えて結婚前にたくさんお金を貯めた人もいます。
万が一結婚して伴侶や自分が仕事ができず収入が得られなくなるようなことになった場合に備えるために、独身時代にできるだけの貯金をしようとしておくことは本当に素晴らしいことだなと思いました。

わたしが本格的に収入をたくさん得ることが大切だと思ったのは、結婚してからでした。
わたしたち夫婦が結婚した時、夫は大学を卒業して就職したばかりだったので、お給料はとても安かったです。
しかもわたしは結婚退職していたので、収入は夫の給料しかありませんでした。

しかし、それでは家計が毎月何万円か赤字になるのです。
それで結婚して1年が経った頃、わたしはパートに出ることにしました。
週3回だけのパートですが、少しでも家計の足しになればよいなと思いました。
すると、家計は黒字になり、ホッとしました。
その時に思いました。
わたしたちは決して贅沢をしていたわけではありません。
しかし結婚当初家計が赤字になりました。
ふつうに生活するためにはやっぱりある程度の収入がないと難しいと言うことを学んだのです。

それから夫は転職をしました。
それまでよりももっとお給料のよい仕事に就くことができました。
それからは収入が安定し、わたしが働かなくても生活ができるようになりました。
本当に感謝しています。